むくみやすい人とむくまない人は何が違う?

a0001_000062

 

多くの女性を悩ませる、むくみ。夕方になるときつくなる靴や痛みだすふくらはぎに、苦しんでおられる方も多いのではないでしょうか?放っておくと脂肪になるともいわれているので早めに対処したいですが、毎日のことだと大変ですよね。一方で、脚や顔はむくまない、という人がいるのも事実。この両者の違いは、一体なんなのでしょうか?

 
まずあげられるのは、筋肉量。脚がむくんで辛い方は、あまり運動が好きではない…という方が多いのではないですか?むくんだ脚をすっきりさせてくれるのは、ふくらはぎの筋肉です。ふくらはぎのポンプ作用によって、歩行や運動の度リンパや血液が心臓の方へ押し流されるため、脚がすっきりする、という仕組み。これは、日常生活の中でなるべく歩くようにしたり、階段を使うようにするだけでもかなり改善されますよ。

 
また、次にあげられるのは水分摂取量。むくむことを気にして、水分を取る事を控えてはいけません。むしろたっぷりの水分、出来れば真水やミネラルウォーターを飲む事により、身体の中で体液が流れやすい状態が作られ、足元で滞る事も減るのです。

 
そして忘れてはいけないのが、カリウム。キュウリやスイカなどに多く含まれる成分ですが、これは身体の余分な水分を体外に流す役割があるため、むくむ脚には効果覿面。同時に、身体に水分を保持しやすくするナトリウム(塩分)の摂取を控えめにすれば完璧です。

 
いかがでしたでしょうか?いずれにしろ、日々の小さな努力の積み重ねが大切だという事がお分かり頂けたと思います。さぁ、今から上記の事を気をつけて生活し、すっきり美脚を手に入れましょう。

Comments are closed.