脚のむくみからくる静脈瘤の状態とは

立ち仕事の方や妊婦さんなどによくみられる脚のむくみ。
原因はさまざまですが、その中のでも多くみられるむくみの原因のひとつが静脈瘤です。

 
これは静脈の病気で、人は使い終わった汚れた血液を心臓にもどさなければならないので、立っているときなどに汚れた血液が足のほうに戻ってしまうのを防いでくれる弁があるのですが、この病気になってしまうとその弁が壊れてしまい、血液が下へ流れてしまうので、静脈がこぶのようにぼこぼこにふくれ、皮膚も静脈のラインにそって浮きあがってきます。

 
また、汚れた血液が脚にたまってしまうことで、痛みやかゆみ、むくみをひき起こしてしまい、脚も太くなる傾向にあります。
ですのでこの病気を患っている女性は、人目が気になりスカートやショートパンツをはくのに抵抗がある方も多いようです。
治療法はいくつかあり、弾性ストッキングなどで脚を圧迫しておけば症状が軽くなる場合もありますし、妊婦さんなどは出産後に自然と治っていくケースもあります。

 
しかし、症状がひどい場合にはやはり専門の医師に診てもらい、治療を受けることをおすすめします。
きれいな脚になれば、人目を気にする必要もありませんし、自信をもつことができるのではないでしょうか。

Comments are closed.