控えたい、塩分の多い食べ物と

この季節は汗を掻く事が多いですが、熱中症対策として塩分の多い食べ物を摂取するとよいと言われています。

 

しかしこれらを多く摂取すると美容の大敵である「むくみ」につながります。夏場は暑いため、体が「塩分」を欲し味付けの濃いものなどを摂取してしまいますが、実はこれは美容には良くない為、控えなければいけないのです。これらを摂取しておきながら、汗を掻かずに味付けの濃いもの、いわゆる「塩分」を摂取すると徐々に体の中に蓄積されていきます。それらが「むくみ」となり、靴下の痕がなかなか取れないなどという言う悲しい結末を迎えます。そのため利尿作用のある夏野菜、特に「きゅうり」や「すいか」などを食べると良いとされています。

 

これらを摂取することにより塩分が体から排出されむくみの原因がなくなると、朝起きた時や夕方の時間になっても気にしなくてもよくなります。美容の為と言って無理して「1品ダイエット」などをせずに、それぞれの季節で収穫される「旬の野菜」を摂取すればおのずと健康にも美容にも良いと言う事がわかっています。なので無理して「汗を掻く=塩分を多く取る」という事は気にせずに通常の生活(昔ながらの生活)を送っていれば特に問題はないのです。

Comments are closed.